AdWords API v201609がリリース

AdWords API v201609がリリースされました。


リンク: Announcing v201609 of the AdWords API



主要な変更点は以下のとおりです:

  • ユニバーサル アプリ キャンペーンの管理が可能に。
  • ConversionTrackerの新しいattributionModelTypeおよびdataDrivenModelStatusフィールドで、アトリビューションモデル属性(UNKNOWN, LAST_CLICK, FIRST_CLICK, LINEAR, TIME_DECAY, U_SHAPED, DATA_DRIVEN)を取得、更新が可能に。
  • カスタマーマッチの管理の改善。AdwordsUserListServiceがCrmBasedUserListの各メンバーのハッシュ化されたメールアドレスを指定しなくても削除することが可能に。
  • 新しいOfflineCallConversionFeedServiceを使ってコール コンバージョンのインポートが可能に。
  • Ads Developer Blogでも既報の通り、v201603でリリースされた新しいキャンペーンの下書きとウェブテストサービスのリリースに伴い、ExperimentServiceは終了。


v201603またはv201605を使っている場合、サンセットはそれぞれ2016年10月25日と2017年2月28日です。Googleはv201607での開発をスキップして、v201609への移行を推奨しています。


今回のリリースではユニバーサル アプリ キャンペーンの管理が可能になった点が大きいですね。サンセットのスケジュールには留意して、早めのアップグレードが大事ですね!


リンク:リリースノート

リンク:Migration Guide (v201609)

リンク:Client Libraries, Code Examples & Demo Apps

著者
Tags ,

Related posts

*

Top