YDNサーチターゲティングのキーワードリスト作成条件に【URL検索・有効期間・検索回数】が追加

2016年8月31日、Yahoo! JAPAN は Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)においてサーチターゲティングの機能改善を発表いたしました。


リリース:【YDN】サーチターゲティング機能追加のお知らせ


今回の機能提供により、サーチキーワードリストを作成するうえで、URL検索・有効期間・検索回数を条件としてリストの作成できるようになっています。



URL検索・有効期間・検索回数の条件が追加

機能条件として追加されたのは以下3つです。

■URLを基にしたサーチキーワード提案機能
■検索履歴の有効期間の指定機能
■検索回数の指定機能


追加された機能を実際に画面でみてみると、
サーチキーワードリスト通常
赤枠が新機能の部分ですが、URL検索として”http://unyoo.jp”で候補を算出してみましたが、関連性が薄いキーワード候補も出ています。

きっとコンテンツ内のキーワードやリファラーだけで算出しているわけではなさそうですね。


ここで有効期間を7日以内、検索回数を2回以上に絞りこむと、
サーチキーワードリスト条件

検索ユーザー数が絞りこまれてリスト作成ができます。


YDNと検索ユーザーのエンゲージメントを考える

今回の新機能によって、単純に指定された検索ユーザーを対象にするのではなく、リマーケティングリストのように検索ユーザー内で深度を組み立てていくことができるので、検索ボリュームが大きいキーワード候補(特に検討期間が短いサービス・商材で情報収集フェーズのユーザー)などで活用すると成果に違いがでると思います。


2013年にサーチターゲティングがリリース以降、『登録キーワードの仕様を完全一致から語句一致』に変更があったり、登録キーワードリストデータを約2万語追加更新があったりと、Yahoo!独自配信としての機能拡充が進んでいますね!


大事なのは、検索意図を汲みとって、どうYDN配信でコミュニケーションしていくか、をより考えていかないといけないと感じています!

著者
Tags

Related posts

Top