AdWordsでキャンペーンタブなどに「レポートエディタを開く」のオプションが追加

Google AdWords管理画面でキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードのタブからレポートをダウンロードしていますが、そこに「レポートエディタで開く」のオプションが追加されました。


リンク:Google adds Export to Report Editor option in AdWords


既に管理画面に実装されており、下の画像のように表示されていました。


report-editor-option


今まではレポートタブからレポートエディタを活用していましたが、キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードの各タブからレポートエディタへ簡単に移動し、レポートを作成することできます。レポートエディタは、既に活用されている方も多いと思いますが、ヘルプに活用方法が記載されています。


リンク:レポートエディタでデータを活用する


過去はレポートをダウンロードし、エクセルを使ってグラフにしていましたが、レポートエディタを活用すれば短時間で視覚的に運用状況を把握することが出来ます。まだ活用されていない方は、ヘルプを読み活用してみてはいかがでしょうか。


具体的なレポートエディタの活用方法の例として、ラベルとレポートエディタを組み合わせて、注力キーワードの推移を確認する方法があります。


label-on-keyword


管理画面で注視したいキーワードにラベルを設定しておけば、レポートエディタのLabels on keywordを活用し、上の画像のように簡単にグラフ化できます。


特定のキーワードの推移を日々の運用で確認したいという意図で別に広告グループを作成しているアカウントを見かけることがありますが、ラベルとレポートエディタを組み合わせれば、別に広告グループを作らずに確認ができます。広告グループを作りすぎると、データ量が集まらず最適化が働き難くなります。管理画面の機能を上手に組み合わせて、効率的に効果を出していくことをお勧めします。


大きなアップデートではないかも知れませんが、運用者にとっては運用工数の効率化に繋がるアップデートだと思いました。日々の運用で、しっかりとレポートエディタを活用していきたいですね!

著者
Tags

Related posts

*

Top