AdWords ScriptがAdWords API v201605のレポートに対応

AdWords ScriptでAdWords API v201605のレポートが出力できるようになりました。


リンク:Support for v201605 reports in AdWords Scripts


主要な変更箇所は以下のとおりです:

  • CRITERIA_PERFORMANCE_REPORTがAdWords APIバージョンでサポートされていないクライテリアについて値を返すよう対応。CriteriaTypeの値に”unknown”が返されます。
  • AD_PERFORMANCE_REPORTのKeywordIdフィールドがCriterionIdに名前を変更。
  • PLACEHOLDER_FEED_ITEM_REPORTのKeywordIdフィールドがKeywordTargetingIdに名前を変更。
  • CLICK_PERFORMANCE_REPORTからいくつかの地域系列が削除。地域系データはAoiMostSpecificTargetIdフィールドまたは LopMostSpecificTargetIdフィールドを代替利用。
  • PRODUCT_PARTITION_REPORTからfinal URL列が削除。
  • CAMPAIGN_PERFORMANCE_REPORTにCampaignMobileBidModifierフィールドがすべてのバージョンのレポートに追加されたため、CAMPAIGN_PLATFORM_TARGET_REPORTが削除。


2016年7月20日まではv201603がデフォルトのレポートのバージョンになります。それまでに、必要に応じてスクリプトの更新を実施することが推奨されています。

 

リリースノートはこちらまで。

著者
Tags ,

Related posts

*

Top