Instagramのカルーセル広告が動画フォーマットに対応

2016年5月20日(米国時間)、Instagram 内に配信するカルーセル広告にも動画フォーマットへの対応を発表しました。Instagram へのカルーセル広告は2016年3月にローンチされましたので異例のスピード対応です。


リンク:Adding Video to Carousel Ads



Instagram における動画事情

Facebook の内部調査では、カルーセル広告のフォーマットを利用した場合、一枚の画像を使った従来のフォーマットより2.5ポイント広告想起率が向上したようで、発表では動画について以下のようにコメントしています。

“Over the last six months, the time people spent watching video on Instagram increased by more than 40%.† And research shows adding video to an existing campaign drives higher favorability than campaigns with static photos only.‡ As people watch more and more video on the platform, video carousel ads can help businesses reach potential consumers in new, more immersive ways.”


(直近の半年間では、ユーザーの滞在時間のうち40%以上は動画を視聴していました。既存のキャンペーンに動画を追加することで、静止画のみのキャンペーンよりユーザーの好感度を得ることができます。企業もビデオカルーセル広告を使うことで、没入型の新しい体験を見込み顧客に届けることができます。)


クリエイティブの配置

カルーセル広告のフォーマットは3〜5つの動画や写真を表示させることができますが、Facebook 同様にアイテムの順番をコントロールできます。以下のチェックボックスをオンにするとパフォーマンス順にアイテムが自動で並べ替えられ、チェックを外すことでパフォーマンスに左右されず入稿順で表示されます。


instagram_adding-video-to-carousel-ads



実際に動画を使用した事例

● Disney

2016年5月27日(米国時間)に公開された新作映画のプロモーションでカルーセル広告の動画を使い、「13〜24歳のディズニー好きな女性」とトレーラーに興味を持ちそうな特定のターゲットに、トレーラー視聴後そのままチケットを購入できるようにコールトゥアクションボタンに「Book Now(予約する)」を設定して配信しました。

以下、Disneyでデジタルマーケティング部門のバイスプレジデントを務めるJessica Intihar氏のコメントです。

“Video in carousel allows us to bring the magic of Disney to Instagrammers in a more immersive way on mobile,”
(カルーセル内の動画は Instagram ユーザーにディズニーの魅力を没入型で伝えられます。)


“People come to Instagram to engage around their interests and we want to spark their imagination.”
(Instagram のユーザーは自分たちが興味のあることに関して積極的にアクションを起こしますので、我々も彼らの想像力を刺激したいと考えています。)

instagram_adding-video-to-carousel-ads_Alice




● Jeep

Jeepは写真や動画を組み合わせて4WD車の認知拡大に取り組みました。様々なドライブシーンを写真と動画を交互に組み合わせて表示し、趣味・関心で Jeep の車種名(Jeep Cherokee、Jeep Patriotなど)とマッチする米国在住かつ18〜34歳のユーザーをターゲットに、コールトゥアクションボタンは「Learn More(詳しくはこちら)」を設定して配信しました。


instagram_adding-video-to-carousel-ads_Jeep



利用開始にあたって

現在は広告マネージャ、パワーエディタ、API全てのツールで動画のカルーセル広告を作成できます。2016年5月17日にも Audience Network で動画広告のサポート開始を発表(※1)しましたので、これで全プレースメントに動画フォーマットを対応させたことになります。2016年第一四半期で動画広告のシェアが増加(※2)するなど、今後動画を使ったクリエイティブがますます増えるかと思いますので、引き続き注目していきたいと思います!


関連リンク:
※1 『Facebook、Audience Networkでも動画広告をサポート開始
※2 『Facebook広告で動画のシェアがさらに増加 ─2016年Q1のレポートから

著者
Tags

Related posts

*

Top