コマースリンクの「DFO」がGoogleローカル在庫広告に対応

2016年1月7日、コマースリンク株式会社は、同社のデータフィード最適化サービス「DFO」に、広告主サイトから商品情報や店頭在庫情報を自動で収集してGoogleの「ローカル在庫広告」に登録するサービス「DFO for GoogleLIA」を提供開始したと発表しました。

 

リンク:コマースリンクの「DFO」が店頭在庫情報を自動で収集し登録できる 「ローカル在庫広告」向けデータ作成サービスを開始

 

Googleローカル在庫広告は、利用者が商品を検索した際に、その商品を売っている付近の実店舗の在庫状況などを表示するGoogleの広告サービスです。

 

広告主はGoogleが規定した仕様に沿ってデータを準備し、Googleのサーバーに登録する必要がありますが、特にローカル在庫広告では商品情報に加えて実店舗の所在地情報や店頭の在庫情報を登録する必要があるため、広告主はデータフィード出力のためのシステム開発を行う必要があります。DFO for GoogleLIAでは顧客のサイトをロボットと呼ばれる情報収集エンジンが巡回し、HTMLページを収集した後、HTMLページに掲載されている商品情報(商品名、画像、説明文、カテゴリ、価格、在庫、特徴他)や実店舗情報(店舗所在地や店頭在庫情報他)を抽出し、データベース化するサイトクロールシステムを採用。そのため、顧客はシステム開発や運用業務の負担なくデータを作成することができるとしています。

 

よりオンラインショップと実店舗との連携が進む中、企業にとっては双方にタイムリーな形で商品情報、在庫情報を掲載する仕組みを用意する部分でハードルの高さを感じて利用が進んでいなかったと思います。サイトクロールシステムによって導入が簡易になったと思いますので、今後ローカルビジネスを展開する企業での利用が推進するか注目したいと思います。

著者
Tags

Related posts

*

Top