GoogleのViewability に対する決意表明。新たなActive-Viewレポートや、視認のみのフリークエンシーキャップを提供へ。

Google の Viewability(広告の視認性)に対する決意表明が改めて発表されました。

リンク:Inside AdWords: The Google Display Network ups its commitment to viewability

Google は2015年9月30日に CPM を vCPM(広告のインプレッションではなく、視認可能な Active-view 配信の場合にのみ課金するモデル)に完全移行するというアナウンスをしましたが、それが完了したことを改めて発表しました。


参考記事:Viewabilityで先手を打つGoogle。GDNの「CPM」は「vCPM」へ移行し、100%ビューアブル配信へ。

このアナウンスに併せて、以下の機能やレポートを追加しています。

1. フリークエンシーキャップが Viewable Impression のみ対象に


ディスプレイ広告のフリークエンシーキャップは、今後数週間以内に Viewable Impression のみが対象になるようです。これにより、今まで以上にView-through の意味づけが正確になりますし、アトリビューション分析の精度も上がることに繋がります。

2. Active-View レポート指標の追加


広告主側がディスプレイ広告のパフォーマンスを今まで以上に確認できるよう、「インプレッション全体におけるアクティブビュー測定可能なインプレッションの割合」を始めとした各種指標が追加されています。

viewability-metrics

指標の追加画面


通貨の存在価値は交換それ自体であり、その価値は信用によって担保されます。そして、インターネット広告のエコシステムにおいての通貨がインプレッションであることを考えれば、その信用を維持する取り組みは、インプレッションの交換で成立しているインターネット広告市場を健全に発展させる上で、なくてはならない活動だと思います。
 
このような取り組みがエコシステムに参加するネットワーク全体に広がることを期待します!

著者

Related posts

*

Top