Google AdWords MCCアカウントに新機能が追加

Google AdWordsの複数アカウントがある場合、マネージャーアカウント(MCCアカウント)を活用するユーザーは多いと思います。今回の機能追加により、Google アナリティクスアカウントとのリンク設定と、リマーケティングタグおよびリストの共有が可能になりました。

 

リンク:Share Google Analytics data and remarketing lists more efficiently using manager accounts (MCC)

 

まず、MCCアカウントからGoogle アナリティクスまたはGoogle アナリティクス プレミアムへのリンクができるようになりました。MCCアカウントの「設定」-「リンクされたアカウント」からメニューに遷移できます。

 

mcc

 

これまでは個別のAdWordsアカウントでGoogle アナリティクスへのリンクを設定する必要がありましたが、新しいセットアップウィザードを使えば簡単にGoogle アナリティクスとのリンクが設定できます。

 

Google アナリティクスから指標やリマーケティングリスト、その他のデータをインポートする際、今後は1度だけで済みます。また、MCCアカウントに新しいAdWordsアカウントを追加すれば自動的に同じAnalyticsのプロパティにリンクされるようになります。詳しくは以下のヘルプを参照ください。

 

リンク:Google アナリティクスと AdWords のクライアント センター(MCC)アカウントをリンクする(AdWordsヘルプ)

 

また、MCCアカウント画面の「ユーザーリスト」から、リマーケティングリストの作成と共有ができるようになりました。Google アナリティクスまたはカスタマーマッチのいずれのリストも対象になります。

 

さらには、マネージャーレベルのリマーケティングタグを使ってリマーケティングリストを作成し、管理アカウント全体で共有することが可能です。これによりタグの再設定をしたり、複数のリマーケティングリストを管理する必要がなくなります。

 

remarketing

 

詳しくは以下のヘルプを参照ください。

 

リンク:リマーケティング タグとリストの共有を設定する(AdWordsヘルプ)

 

MCCアカウント配下にぶらさがるAdWordsアカウントが多くなると管理が煩雑になりがちなので、いずれの機能もMCCアカウントの管理を効率化するのに役立ちますね。

著者
Tags

Related posts

*

Top