AdWordsでアカウントを跨いだキャンペーンの管理が可能に

AdWordsのクライアント センター(MCC)で、アカウントを跨いだキャンペーンの管理が可能になりました。


リンク元:Introducing cross-account campaign management and reporting enhancements for manager accounts (MCC)

■複数アカウントのキャンペーンを一覧で表示

例えば、検索連動型とGoogleディスプレイネットワークを別アカウントで運用している時、それぞれのアカウントにログインして運用をしていると思います。今回の機能強化では、異なるアカウントに登録されているキャンペーンをまとめて表示させることが可能になりました。


AdWordsのクライアント センター(MCC)にログインすると、下記の画像のように表示されています。赤枠で囲っているキャンペーンのタブで表示させることができます。


アカウントを跨いだキャンペーンビュー


キャンペーンをクリックしすると、下記のようにAdWords のクライアント センター(MCC)に登録されているアカウント一覧が表示されますので、一覧で表示させたいアカウントを選択します。最大20アカウントまで選択することが可能です。


MCCから登録


その後、下記の画像のように複数のアカウントのキャンペーンが一覧で表示されます。各キャンペーンがどのアカウントで登録されているかも表示されていますので安心です。


スクリーンショット 2015-06-05 10.57.02


表示されているキャンペーンの「有効」「一時停止」「削除」やキャンペーンの1日の予算を変更することも可能です。キャンペーン名をクリックすると当該キャンペーンに登録されている広告グループ一覧へリンクしますので、シームレスにアカウントを跨いで移動できます。これだけでも、運用負荷を大きく削減してくれると思います。

■レポート機能の強化

AdWordsのクライアント センター(MCC)も、日頃の運用で使っているアカウントと同様なレポートの作成ができます。直感的に現状を把握することに適したグラフ化や、任意の期間を選択した比較、「分割」からデバイス別や曜日、時間別など、様々な角度から分析が可能になります。もちろん、CSVのダウンロードも可能です。


レポート機能強化

■素早いアカウント間の移動を実現

AdWordsのクライアントセンター(MCC)で、多くのアカウントを管理している場合、当該のアカウントを探すことに苦労することも多いと思います。今後はドロップダウンや検索機能が実装されますので、すぐに見つけ出すことが可能になります。


アカウント検索

■まとめ

複数のアカウントを跨いだ運用は、運用者にとって工数が増え大変になります。今回の機能強化で、複数のアカウントを跨いだ運用がかなりスムーズになると思います。特に、複数アカウントのキャンペーンを一覧で表示させる機能は、何度もログインする手間やアカウトを行き来する手間を大幅に削減してくれることでしょう。複数のアカウントを運用している運用者の方は、積極的に使ってみてください。

著者

Related posts

*

Top