AdWordsのベストプラクティス集に、「リマーケティング」が追加

remarketing-right-on-cue

“プログラマティックな”リマーケティング

電話/通話型キャンペーンのガイド「Good Call」に続いて、Googleのベスト・プラクティスシリーズに、リマーケティングのガイド「Remarketing Right on Cue」が加わりました。これまでと同様、ガイドはチェックリストも含んだ完全版なっており、チェックリストだけダウンロードすることもできます。


発表記事:Inside AdWords: Best Practices: Re-engage Past Site Visitors with Programmatic Remarketing on Google Display


ダウンロード:Remarketing Right on Cue


チェックリストは他のリストと同様に10項目ですが、リマーケティングのキャンペーンを進める上で重要なエッセンスが詰まっているリストになっていますので、これから始める人にはもちろん、既にリマーケティングを十分に運用していると思われる方でも、幾つかの気付きを得られる資料ではないかと思います。 

もちろん、すべてのアカウントに当てはまるような魔法のリストではないです(一部のリストはグローバルアカウントならではの項目もあります)が、一度ご確認頂くことをお勧めします。


チェックリストは、以下のような項目になっています。


1. PCサイトにもモバイルサイトにもリマーケティングタグを設定
2. トップページ、カテゴリページ、製品やサービスオファーのページ、カート放棄や既購入ユーザー、それぞれのセグメントに合わせて違うメッセージを
3. コンバージョン最適化機能をセットで利用する
4. すべてのサイズとフォーマットを利用する(テキスト、モバイルバナー、HTML5)
5. 動的リマーケティングを利用する
6. コンバージョン最適化から、目標ROASへ
7. 言語、地域、プレースメントの除外を外す
8. フリークエンシーキャップの自動化
9. 自動ターゲティングや類似ユーザーを利用する
10. 購買意向の強いセグメントを利用する



スクリーンショット 2015-03-05 14.46.23



リストを見て賢明な方はお気付きかもしれませんが、「チェックリストのどれかの項目を採用する」というアプローチでは、おそらく失敗すると思います。
 
コンバージョンオプティマイザーを適用せずにプレースメント除外を外してしまったら効果はおそらく落ちますし、自動入札の機械学習がある程度進まないと、フリークエンシーキャップは自動化されないでしょう。(だから8番目に書かれています) ぜひ順番にチェックしていってもらえれば幸いです。

その他のベストプラクティス

なお、Google はこれまでも幾つかのベストプラクティスを発表しています。こちらのURLに一覧になっていますので、興味がある方はご参照下さい!
 

リンク:Google Best Practices – AdWords Help
 

著者
Tags

Related posts

*

Top