バレンタイン商戦は商品リスト広告が本命か 〜AdGoorooの調査から

jewelry-ads-pla

宝飾業界のリスティング広告はバレンタインデーに山場

日本に限らず、世界的に見てもバレンタインデーは小売業にとって大きな山場の一つです。
 
日本では一般に女性から男性へチョコレート等のお菓子を贈る日と認識されていますが、性別に関わらず恋人やパートナーに贈り物をする習慣の国も多く、NRF(全米小売業協会)の調査によると、米国の5人に1人はバレンタインデーに向けて何らかのジュエリー(宝飾品)を購入する意向があると言われています。(参考:NRF
 
オンラインの広告でも、商戦期に入った宝飾業界のオークションは活発になっています。AdGooroo は、2015年2月10日に宝飾業界を中心としたリスティング広告の調査を発表し、現状を伝えています。ちなみにAdGoorooは商品リスト広告の調査を頻繁に発表していることで有名です。
 
 
リンク:Jewelry Advertisers: No Love for Valentine’s Day in Paid Search?
 
 

多くの広告主で商品リスト広告が優勢

この調査では、ジュエリー関連の上位20キーワードの推定実績や、商戦期に向けた広告文の変遷など、興味深い調査結果が示されていますが、やはり注目すべきは宝飾業界の上位500キーワードから導き出した上位20社のコスト内訳です。
 
以下の表は、利用金額が4つの指標に分かれており、左から、Text Ad Desktop(PCのテキスト広告)、PLA Desktop(PCの商品リスト広告)、Mobile Text Ad(モバイルのテキスト広告)、Mobile PLA(モバイルの商品リスト広告)で示されています。
 
  
Valentines-Day-Top-20-Jewelry-Advertisers-2015-AdGooroo_618

画像:AdGooroo

 
表を見てすぐ分かるのは、Amazon や Cartier など、商品リスト広告を利用していない一部の企業を除いて、ほとんどの企業が通常の検索連動型広告より商品リスト広告へ予算を割いていることです。改めて小売業における商品リスト広告の人気の高さが鮮明になっています。
 
また、PCとモバイル、どちらのデバイスにおいても商品リスト広告がテキスト広告(=通常の検索連動型広告)を上回っている広告主が多く、さらにモバイルの方がその差が大きい、ということも注目に値します。平均値で、PCで約1.5倍、モバイルでは実に4倍以上も商品リスト広告が上回っていることになります。商品リスト広告はモバイルコマースでも存在感を発揮していると言えるでしょう。
 
以前の「商品リスト広告が引き続き力強い伸びを示す 〜RKGの最新リリースから」というニュースでも触れたように、Eコマース全体で商品リスト広告の勢いは引き続き持続しているようです。今年も多くのアップデートが予測されているショッピング関連広告、引き続きウォッチしていきたいと思います!
 

著者
Tags

Related posts

*

Top