AdWords APIの開発必須機能の準拠確認スケジュールとレートシートが変更

Technology and the world

AdWords APIの開発必須機能(RMF: Required Minimum Functionality)の準拠確認スケジュールと修正措置中のレートシートが変更されました。

原文はこちらです:

Updated RMF Schedule and Non-Compliance Fees on the AdWords API Rate Sheet(2015/1/30現在は英語版のみアップデートされている模様)
http://googleadsdeveloper.blogspot.jp/2015/01/updated-rmf-schedule-and-non-compliance.html

ソフトウェア開発者または広告代理店でAdWords管理のためにAPIを活用している会社は内容を確認する必要があります。

開発必須機能(RMF: Required Minimum Functionality)の確認については2014年12月31日までが期限となっていましたが、この期間を過ぎましたので、今までGoogleからの結果連絡がすでにあった場合を除き、以下のプロセスが発生する模様です。

まず、Googleからの連絡に備え、MCCアカウントに登録している連絡先情報は最新にアップデートください。開発必須機能の中で準拠していない部分が確認された場合、30日の修正期間が設けられます。30日のうちに準拠が確認されない場合は、費用が発生します。その後も120日間のうちに準拠が確認されない場合は開発トークンがスタンダードアクセスからベーシックアクセスにダウングレードされます。

費用に関しては以前から減額されていますが、計算方法はこちらをご覧ください(英語版で)。

著者
Tags ,

Related posts

*

Top