AdWordsの管理画面で独自に表示項目を作成することが可能に

custom-columns

AdWords の管理画面で、独自の表示項目を作成して特定のデータを表示することが可能になりました。
 
 
参考:Segment your data your way with custom columns (Google+)
 
 
AdWordsは元々管理画面で確認できる項目が多く、分割やフィルタ機能、詳細分析タブなどでさまざまなデータ表示が可能ですが、(ホーム画面のダッシュボードを除き)Analyticsのカスタムレポートのような独自ビューを作成することはこれまでできなかったため、デバイスやコンバージョン名など、分割機能で表示させる項目を恒常的に見たいニーズは満たせていませんでした。
 
今回のアップデートによってAdWordsの管理画面から独自の表示項目を作成できるようになりましたので、毎回分割したり、保存したレポートをダウンロードしなくても管理画面で確認できるようになります。これは便利ですね!
 
利用方法はかんたんです。
キャンペーンもしくは広告グループを選択した状態で、「表示項目」>「表示項目の変更」と進み、以下の画面のような「カスタマイズした表示項目」を選択します。
 

adwords-column2
 
そうすると編集画面が表れますので、表示項目の名前、詳細説明を入力し、「掲載結果」「コンバージョン」の2種類から選んだ指標に対して、「ネットワーク」「デバイス」、「上部vsその他」、「+1情報」、「コンバージョン名」で分割する項目を指定して完了です。
 
adwords-column1
 
コンバージョンの目的ごとや、デバイスごとの結果など、定点観測が必要な項目がある場合には非常に助かるアップデートですね!
 
詳細は、以下のヘルプをご覧ください。
 
参考:独自の表示項目を作成してデータを表示する – AdWords ヘルプ
 
 

Tags

Related posts

*

Top