Integral Ad Scienceがメディア品質レポートの最新版を発表 〜動画広告の指標も追加

integral-report-2014Q3

先日、Yahoo!プレミアムDSPにアドベリフィケーション機能として来春の導入が発表された Integral Ad Science が、2014年第3四半期(7-9月)版のメディア品質レポートを発表しました。
 

Integral Ad Science Releases Q3 2014 Media Quality Report, Now Including Video Advertising Metrics As Channel Grows | Integral Ad Science
 

メディアとアドネットワーク/アドエクスチェンジの表示実績をもとに、以下の4つの指標を更新しています。
 
- TRAQスコア(TRue Advertising Quality Score)※
– Brand Risk
– Viewability
– Ad Fraud

 

また、このレポートでは急成長する動画広告市場に合わせ、動画広告に関する指標 VPAID (Video Player Ad-Serving Interface Definition)のほか、動画広告のViewabilityやエンゲージメント指標についても追加されています。
 
レポートの完全版は、以下のページから確認できます。
Quarterly Reports | Integral Ad Science
 
 

※ Viewability(閲覧性)、Suspicious Activity(不審度)、Clutter(広告の混雑度)、Brand Safety(安全性)、Professionalism(プロフェッショナル度)等の様々な要素から広告を評価し、スコアリングした Integral Ad Science 独自の指標

Related posts

*

Top